投稿者「zen」のアーカイブ

無いが有るとき、有るは無い



今は個人セッションのために東京に来ています。


あたりまえですが、東京は人が多いですね〜

東京来ていつも思うのは、
波動がいいとは言えないですが、
エネルギーはすごいことです。

なんというか、
いろいろなものや情報が動いてるな、と感じます。


よく都会がいいか田舎がいいかという議論がありますが、
私はどちらかというと田舎が好きです。

でも、どちらでも良いとは思ってます。


というのも、
ずっと田舎にいたら都会に憧れると思うし、
ずっと都会にいたら田舎に憧れると思うからです。


こういうの、他にもいろいろありますよね。


ずっと1人でいると誰かと会いたくなり、
ずっと誰かといると1人になりたくなる。

ずっと愛されないと寂しくなり、
ずっと愛されると重くなる。

ずっと不自由だと時間の自由が欲しくなり、
ずっと暇だと忙しさが欲しくなる。



たぶん大事なものは常に目の前にあるのですが、
失ってみないと
その大事さは分からないのかもしれません。

それは「無いもの」に意識が行っているからです。


でも実は、
失わなくても今この瞬間に
大事なことに気づくこともできます。

それには「有るもの」に意識を向けてみるといいのでは、
と思います。

(´゚ω゚)


都会の良さもある。

田舎の良さもある。

1人の良さもある。

誰かといることの良さもある。

愛される良さもある。

愛されない(と感じる)良さもある。

不自由の良さもある。

自由の良さもある。


ところが、
「ないもの」に意識を向けているかぎり、
どんなに状況が変わっても「ないもの」を見つけてしまいます。

3次元世界で、今この瞬間に全てを同時に体験することは、
できないからです。


何かを手に入れれば、空白を失う。

何かを失えば、空白が手に入る。


それなら……

「どういう状況か」よりも、
その状況に「どういう姿勢で在るか」の方が大事だ


と思うのです。


その上で自分が良いと思う状況を
選んでいけばよいのではないでしょうか。


     *


というわけで短い期間ですが東京を味わってみます。


P.S.

黒歴史ともいえますが、
昔はネットでニコニコ生放送とかしていたので、
路上で撮影とかしていたりアニメのイベントがやってたりするのを見ると、
なんとなくソワソワします。


ブログランキングに参加しています。

応援してくださる場合、
よろしければ1日1回押していただけると嬉しいです。

いつもありがとうございます。




ちょっと固めな話や裏話はこちらで。

裏メールマガジン

ポジティブになれないのですがどうしたらいいでしょう

ときどき

「ポジティブ思考になれない」

という相談をいただきます。


ところで、
私は自分がとってもネガティブ思考だと思っています。

「あーなったらどうしよう」

「こーなったらどうしよう」

などと考えております。


ただ、それについて悩むことはありません。


ネガティブなことを考えるときもあれば、
ポジティブなことを考えるときもあります。

それ自体は自然なことだと思います。


なので、

「ポジティブになれない」

と悩まなくてもいいんじゃないかな〜、と
思います。


そもそも「ポジティブになりたくない!」が
隠れた本音かもしれません。

だって、
ポジティブだけになってしまったら
ネガティブで居ることのメリットがなくなっちゃうからです。


ネガティブで居るメリットとはたとえば、

・誰かの気を引ける。

・落ち込んで休める。

・問題に早めに気づける。

などがあります。


それってメリットなの?と思う人もいるかもしれませんが、
逆を考えてみたら見えてくることもあります。

以下のような状況になったらどうでしょう。

・誰も気にしてくれない。

・休もうとする自分を責める。

・楽観的すぎて問題に気づかない。

……

これはちょっとイヤではないでしょうか。


実は、ネガティブそのものが悪いんじゃなくて、
「ネガティブがまずいと思ってる思考」が
壁になっているのかもしれません。



ネガティブを見てネガティブになってるときは、

「どうして自分はこんなにダメなんだろう」

と、自分を責めてたりします。

でもですね、
それは

「ダメじゃダメだ!」

って思ってるだけなのかもしれません。


ダメでもいいんです。


「正しくなきゃいけない」とか、
「ちゃんとしなきゃいけない」とか、
「これをやらねばならない」とか。

これらは思い込みです。


「しなければいけないこと」なんて実は1つもありません。

たしかに、
「しなければいけないこと」が沢山あるように、
思えるかもしれません。

私も過去そうだったからです。

ですが、1つ1つじっくり考えてみたら、
「しなければいけない」わけではなく、
そのすべてが自分で選んでいたことが分かりました。


でも僕らの自我は
「今の状況を自分で選んだ」なんて思いたくありません。

本当は「完璧な自分、すごい自分」で居たいからです。

そこで自我はダメな自分を隠蔽し、
「ダメな自分なはずがない!」と思い始めます。


つまり、こう疑ってみてはどうでしょう、ということです。

「すごい自分でいたい」という隠れた気持ちが、
「ダメじゃダメだ!」という
“ネガティブの否定”につながってるかもしれない。



自分の過去を分析してみて分かったことは、

「自分ってこんなにダメなんですよオーラ」

が出ているときほど、
実は

「すごい自分でいたい」

という気持ちが強かったことです。


ではどうしたらいいのか?


まず、もっとリラックスして
ダメな自分を受け入れてあげたら良いと思います。



ただし、これはいつも言っているのですが、
ダメな自分を受け入れるとは、
「そのままでオッケー(*・∀・*)ヒャッホー!」みたいな話ではありません。


ダメさがあることを正直に認めることです。

自分のダメな面をさらけだすことです。

オープンになることです。


「そんなことをしたら嫌われそう」と思う人がいますが、
実はそうでもありません。

ダメさを受け入れている人ほど、真実の魅力があります。


これは逆を考えてみればわかります。

ダメさを隠して自分のすごさを過剰にアピールする人を見たら
どう思うでしょうか。

たぶん、「あ、この人は自信ないんだな」と思うはずです。


というわけで、

「ダメじゃダメ」

というマインドから

「ダメなときもある」

というマインドに変えてみるといいと
思います。


注意点は、
「ダメじゃダメ」マインドがダメだ!とかなると、
さらに問題が複雑になってしまう点です。

そんなときは考えるのを諦めましょう。

そして無条件で信頼してみてください。


『ダメな自分を、いつかは受け入れられる』


そう信じて生活していれば、
いつのまにかダメな自分に素直になっていきます。

そしてこう気づきます。


「自分はダメな人間ではなかったんだなぁ。

ダメな自分で居たいだけだったんだなぁ。

ダメな自分で居ることで、
誰かと比較して
攻撃していた。

もう完璧な自分に拘るのはやめよう!」


こう気づき、自分を責めるのをやめたとき、
不思議な清々しさがやってきて、
他人を責めることもなくなっていきます。


おわり。



明日は東京で面談です!

お会いする方よろしくお願いします。


ブログランキングに参加しています。

応援してくださる場合、
よろしければ1日1回押していただけると嬉しいです。

いつもありがとうございます。




ちょっと固めな話や裏話はこちらで。

裏メールマガジン

Tragedy(悲劇)

つらいときは、
人生の脚本家視点になってみるといいと
思います。


自分の人生を自由に描ける脚本家だとして。

ストーリーを盛り上げるためには
どうしたらいいでしょう?


楽しいことや嬉しいこと、幸せなことだけ起これば、
人生という物語は盛り上がりそうでしょうか。

生まれたときから
ずっと幸せな状況だったら、
どう感じるかイメージしてみてください。



幸せな状況を、幸せと思えない気がしませんか。


面白いもので、良いことばかりが良いとは限らない。


自分で自分に大きな幸せを感じさせようとしたら、
不幸も感じさせる必要があるかもしれません。


闇が強いから、光も強くなる。

光あるところに、闇がある。


だから、
もし今が辛くても、

「そっかー、大きな幸せの伏線なんだな」

と思ってみてはいかがでしょ。


だれかが言ってましたが…….

「辛い」という漢字と「幸せ」という漢字は似てる。

そして、難が有ると書いて、
ありがたい。



実は辛いときも幸せなときも、
今このときは「完全」なのです。

今だけが魂のホーム(家)なのです。


だから、家に帰ったとき、何と言うでしょうか?


ただいま〜

只今。




以前の私は、
過去を恨み、未来を不安に思いながら、
ずっと何かを考えて生活していたと思います。

その場に、過去も未来もなかったのに。


過去も未来も忘れましょう、ってことではないです。

たしかに過去も未来も、
概念としてはあります。


ですが、体験することができるのは、今だけなのです。

この今です。

コレです。


そして、この瞬間の今、何を選択するかは自由です。


私は以前、
自由を目指してお金儲けを始めたことが
ありました。

当時の私が思っていた自由とは「時間とお金の自由」です。


しかし時間もお金も自由になったら、
今度は行動できなくなりました。

なぜなら、
強制力がないので何をしても良いからで、
今度は怠けるようになったのです。


自由という不自由がそこにありました。


そんなとき、ふと思いました。

フリーターだったときは1日12時間以上働いていて、
休みも本当にわずかでした。

しかし、
とっても疲れているときの
たった15分の休憩は
何故かとても価値のあるもので、
安らぎました。


不自由という自由がそこにありました。


(もちろん豊かさを選ぶという意味では、
無理に大変なことをする必要はないのですが…)




本当の自由を感じるのに、
今の状況はあまり関係ありません。

なぜなら、常に自由だったからです。

これからもそうです。


それがたとえ極限まで追い込まれた状況でも、です。

たとえ体を拘束されて、
動けなくなったとしても。

たとえ死ぬ寸前だとしても。

たとえ牢屋に閉じ込められても。

本質は自由なままです。


なぜなら、僕らの本質は3次元の物体ではないからです。

3次元の世界を観測するには、
1個上の4次元に居る必要があります。

3次元のそれ自体が3次元を認識することはありません。


ちょっと難しいでしょうか?


たとえですが、
目で目そのものを見ることはできないですよね。

(鏡で目を見ることが出来ますが、それは本物ではないことを知っています。)

そのもの自体は、そのものを認識できないのです。

ところが目があるような気がしますし、
「見ること」で体験されているような気がしますよね。


では、「何が(誰が)」見ているのか。

「3次元的な目という器官で見ている」という知識を持ってはいますが、
体験としては意識の中に浮かんでいるように感じます。


感情でも思考でも肉体でもなく、
「意識」という自由なものがあるのかもしれない。


そこがあなたの家であり、いつでも今と共に在ります。


     *


あんまり関係ないですが、
澤野さんの音楽が好きです。

そして「トライアングル」というドラマが好きでした。

知ってる人少ないかも(笑)



ブログランキングに参加しています。

応援してくださる場合、
よろしければ1日1回押していただけると嬉しいです。

いつもありがとうございます。




ちょっと固めな話や裏話はこちらで。

裏メールマガジン

無題という題

先日の講座中に、
どのような話の流れでかは忘れましたが、
参加者の方が、

「チャレンジはずっと続くんですね」

のようなことを発言されていたのが、
印象に残っています。


そうなんですよね。

完全に安心できる何かの状況(ゴール)にたどり着くことはない。

たとえば、
孤独が寂しいからと言って、
だれかと一緒に居たら、
今度は一人の時間が欲しくなります。

一人でいると、
今度は誰かと一緒に居たくなります。


幸せの中には不幸が混ざってるし、不幸の中には幸せが混ざっています。


愛されないと、「何かをして貰えない」と”不満”になり、
愛されたら愛されたでそれを失うのではないかと”不安”になる。

お金がないときはお金が欲しいと”不満”になり、
お金があるときはお金が減るのではないかと”不安”になる。

病気のときは健康が欲しいと”不満”になり、
健康のときは病気にならないかと”不安”になる。


逆説や矛盾ばかりで、
ずっとゴールにたどり着くことはないように見えます。

矛盾のない永遠の平安は、どこにも無いように見えます。

しかし(また逆説的な表現になりますが)、
「永遠の平安がどこかにあるわけではない」のは永遠です。

「今だけがゴールだ」
というゴールだけは、
ずっとここにあり続けるのです。



……

このようなことは、
今の状況によっては綺麗事にしか思えないかもしれません。

実際、矛盾は今でも存在し続けます。

( •́ ⍨ •̀)


ではどうしたらいいのか?


私たちに出来ることは、

矛盾を許すこと。

正しさを手放すこと。

「こうあるべき」を手放すこと。


そうやって人生をコントロールしなくなると、
大いなる流れに導かれるようになります。


逆に、コントロールしようして、
愛されようと思うと、愛されなくなり、
お金にしがみつくと、お金が離れていき、
成功しようと焦ると、成功が離れていきます。

なら、
逆説や矛盾と仲良くなってみてはどうでしょうか、
と思います。


「愛されなくても、愛を感じられる」

「お金がなくても、大丈夫」

「成功しなくても、豊か」


こんな感じで、

「絶対に必要ではない」

と思ってるほど、

「満たせれてるなぁ」

というオーラが増え、

「満たされる現実」

が実際に引き寄せられます。


「必要ではない」と思うことは、
「幸せなんていらない」とか断言することでは
ありません。

幸せにしがみつくのではなく、今、幸せを「選ぶ」だけなのです。




幸せは外側からやってくるのではなく、
自分の内側からやってくるものなので、
どんなときも、

「満たされている」

という幸せを選択することが出来ます。

幸せのエネルギーがあれば、
かなり難しい状況でも変えることも出来ます。

強力なパワーだからです。


周りの人が心から幸せそうにしているイメージを持ってみてください。

自分の幸せを自慢するでもなく、
幸せな雰囲気が出ている人は、
周りにも幸せを広めています。


今度は自分が心から幸せになっている
イメージを持ってみてください。

本当に幸せそうなあなたを
見ている人は、
幸せの影響を受けないではいられません。


さて、
今日はどんなことができたでしょうか?


歩くことが出来ました。

ごはんを食べることが出来ました。

生きていられました。

コーヒーを飲むことが出来ました。

空を見ることが出来ました。

大切な人と一緒に居ることができました。




幸せはドコカではなく、いつでもココにあります。




先日、電車に乗っているとき、こんなことがありました。


“北仙台”という駅の前に着く手前で、
電車が、踏切の異常を知らせる信号を受信したため、
止まってしまいました。

電車の中の空気は、少し緊張し、ざわざわしていました。

5分ほど経過し問題がなかったことが分かり、
電車が動き始めたとき、
それは起こりました。


次の駅は北”仙台”なのですが、
車内放送で、車掌さんが

「「次は、北やまがた〜」」

と思いっきり(けっこうハッキリした声で)、
言い間違えてしまったのです!


電車の中にやわらかい笑いが起こり、不思議な一体感が生まれました。


ただそれだけの話なのですが、
知らない人同士が、たとえ一瞬であっても、
同じような気持ちになるのって
なんか良いなぁと思いました。




たぶん、
実際に幸せな状況かどうかよりも、
幸せをキャッチするアンテナの受信感度みたいなものが
磨かれているかどうかの方が大事なんじゃないかと思います。

そして、

「どうやって幸せをキャッチしようか」

と考えていたら、
幸せアンテナの精度は上がっていくようです。


もしかすると、
その幸せアクションは

「とっても身近なのに、なぜかやってなかったこと」

かもしれません。


たとえば、

だれかにありがとうって言ってみる

とか、

夜、電気を消してカーテンを少し開けて月明かりを感じてみる

とか、

好きな本をゆーっくり味わいながら読んでみる

とか。


気づかないことが多いのは、
ドコカに幸せがあると思っていたからかもしれません。


ココにある幸せをキャッチしましょう。


逆説や矛盾、不幸も抱きしめましょう。


それが次の幸せを引き寄せます。


ブログランキングに参加しています。

応援してくださる場合、
よろしければ1日1回押していただけると嬉しいです。

いつもありがとうございます。




ちょっと固めな話や裏話はこちらで。

裏メールマガジン

どう見るかを変えれば自分も変わる

今日のbgm



自由になりたい。

豊かになりたい。

幸せになりたい。


といった気持ちが……


今は自由じゃない。

今は豊かじゃない。

今は幸せじゃない。


という「足りない気分」を
生んでいるかもしれない。


でもいつかは……


わたしが自由です。

わたしが豊かさです。

わたしが幸せです。


と気づける。



気づくためには、自分を光として見る。


無条件で愛されていて、

無条件で信頼されていて、

無条件で守られている。


同じように、周りの人のことも、光として見る。


みんなもみんなに愛されていて、

みんなもみんなに信頼されていて、

みんなもみんなに守られている。



そうして全てを光として見れば、
光が引き出される。

いつでも満たされていたことに気づける。

すべてが大丈夫になる。





これはずっと言ってきたことなのですが、
私たちは見ているものによって
モード変更をします。

たとえば、
宇宙を見ているときは宇宙モードになるし、
人を見ているときは人間モードになるし、
本を読んでいるときは本モードになる。


これは当たり前のようですが、面白い。


たとえば、
宇宙モードのときは、
地球の戦争のことはあまり気にしないのに、
地球モードになると国と国の争いが見えてくる。

そして、日本モードになると、
今度はお隣の国のことが気になってくる。

日本の国民モードになると、政治家が気になってくる。

個人モードになると、
自分のお金のことや健康のことが気になってくる!

( ་ ⍸ ་ )


ですが、すべてを光としてみれば、
常時、光モードになれます。

すべてを愛としてみれば、
常時、iモード 愛モードになれる
ということです。


神様モードでもいいかもしれません。

すべてから神様を見る。


人の言葉から。

自然から。

物から。

失敗から。

成功から。


そのすべてを神様の表現だと捉えてみる。

すると、
自分の中の神性が引き出されやすくなります。


神性だとイメージできない人は、
手に入れたいものをイメージしてみてください。

欲しいのは、
お金でしょうか。

幸せでしょうか。

時間でしょうか。

それらすべての本質はエネルギー(神)であり、愛です。


ですが、
それを欲しい欲しい欲しい!と思うほど、

「私が、愛を、欲しい」

と言うことになります。

ですが、それは小さい自分(i)の叫びであって、
本当は

I(私) = 愛」

なので、本当のあなたが愛そのもの。


小さい自分ではなく、
もっともっと大きな自己とつながってみましょう。


ブログランキングに参加しています。

応援してくださる場合、
よろしければ1日1回押していただけると嬉しいです。

いつもありがとうございます。




ちょっと固めな話や裏話はこちらで。

裏メールマガジン

ありのままをありのまま伝える

健康セミナーを開いたり、
心理学セミナーを開いたり、
集客セミナーを開いたり、
スピリチュアルセミナーを開いたり、
何の人か分からなくなってきております黒澤です。

そして今日はこれから文章術のセミナーを開いてきます。


スピリチュアルで大事なのは事実・真実を見抜くことだと思うのですが、
これ、文章でも同じだと思うんです。

文章を書いてて思うのは、
文法的に正確に書くのも難しいのですが(私は半ば諦めてます)、
事実をそのまま書くことすら難しい。


たとえば、

「彼女に感動してもらえて良かったです」

という文章があったとしましょう。

ですが、
より事実に近いことを書こうと思ったら、
感動してもらえたのが良かったんじゃなくて、

「感動してくれる彼女が居てくれて良かった」

のかもしれないし、

「彼女の感動した顔が見られて良かった」

のかもしれない。


事実に近いことをそのまま書いた素朴な文章の方が
魂に響く気がします。


言葉そのものが
「何かと何かを分けるもの」という性質を持っているので、
それだけで真実を表せるとは思いません。

真実は分けられないものだからです。

でもまず”自分にとっての事実”を
正確に書き出してみるのが大事だと思います。


「そもそもブログとか書かないし」
という人もいるかもしれませんが、
メッセンジャーとかメールとかで文章を書きますよね。

そのとき、事実を書いてみると
なにか変化が起きるかもしれません。


たとえば、

「どうして片付けないのっ!?」

と怒っちゃうところを、

「正直、いつも片付けてくれないことにイライラしててね。
でも、怒りたくはない。
自分でもこの気持ちをどうしたらいいか分からないんだけど、
散らかってるのを見るとすごく気持ちが落ち着かなくて胸のあたりが苦しくなる。
こんなに散らかす理由もわからない。
どうしたらいいかな」

という感じで、
複雑な気持ちのままでも、
ホンネをどストレートに伝えた方がよくなるかもしれない(笑)


人の気持ちって複雑なんですよ。

それを言葉で書き出せるようになっておくとラクです。

情報発信してる人だったら、なおさらそうです。

モヤっとした部分を、
なるべく事実のまま書き出す意識をしてみる。


ブログとか書けないで悩んでたり、
なんとなく気持ちが伝わらないで悩んでたりしたら、
まず

「綺麗なこと」

「正しいこと」

を書くよりも、

「ありのまま、ホンネ」

を書くことを意識してみるのが
いいのではないかと。


まぁでも
「ありのまま」を伝えられるようになるには、
自分が傷つくのを怖れない状態にならないと難しいと思うので、
けっきょくスピリチュアルとかの話とも
つながってくるのですが。


ブログランキングに参加しています。

応援してくださる場合、
よろしければ1日1回押していただけると嬉しいです。

いつもありがとうございます。




ちょっと固めな話や裏話はこちらで。

裏メールマガジン

目標は決めた方がいいのか決めない方がいいのか

「目標」というものは、深いテーマだと思います。


目標がないと、
どこに向かって進んだらいいか分からなくなりますよね。

なので目標はあった方がいいとは思います。


ですが相談に乗っていて分かったのは、
目標を立てて失敗するケースもあることです。


いくつかのケースがあるのですが、
たとえば目標にしがみついてしまった場合は
うまくいかなくなることが多いです。

「絶対に目標を達成しなければならない!」と思ったら、
目標を達成していない今の自分を見て

「全然できてない……」

と落ち込んでしまうからです。


目標迷子の人の相談にも乗ったことがあります。

「自分に合った目標ってなんだろう」と考えながら、
目標を考えるのが目的になってしまい、
これまた行動できない。


他にも、
急に高すぎる目標(や使命)を立ててしまったケースも
うまくいないことが多いです。

強い想いを”持つこと”そのものはむしろ良いことなのですが、
現実的に動けなくなってしまう。

たとえば、

「世界中に愛を広めたいんです!」

という感じの人がいて、
では具体的に何をしてるんですかと聞いたら

「うーん……
どうすればいいんですかね(∪´>‿<`)」

みたいな。

話すことは壮大なのに、
ずっと進まない!

このような人が周りにもいないでしょうか。


どうしてその人はそうなってしまうのかというと、
高い目標を立てるとつい、
その目標に一気にワープしたくなるからです。


でも実際はどんなことでも最初は泥臭いことを沢山行動しなければ
うまくいきませんよね。

(成功している人で自由そうに見えても、
裏側の泥臭い部分を見せてないだけの場合が多いです。)


なのに、成功者を真似して急に効率化してみたり、
自分の自由時間も作ろうとしてみたり、
自分の能力を大幅に超えることをやってみたり。

そのように理想状態にワープしようとすると、

「どうして結果が出ないんだろう」

と不安になって落ち込んでしまう。

ですが事実は、
理想の自分と今の自分を比べて、
うまくいってないような気持ちになっているだけなのです。



だから目標にしがみつかない方がいいわけですね。


この話をすると、引き寄せの法則の
“理想の自分になりきる”の話とごちゃごちゃに
なってしまう人がいます。

「理想の自分になりきるのが大事なはずなのに、
理想状態や目標を目指さないってことなのですか?」

という質問が出ることがあるのです。

この質問にお答えしますと、
以下のような表現になります。


理想の自分の雰囲気になりきりながら、理想状態を目指しましょう。


この感覚はわかりにくいかもしれません。

「いやいや、
理想に到達してると思ってたら、
そもそも理想を目指さないから矛盾してるでしょ」

とツッコミたくなるかもしれません。


これは自己啓発とスピリチュアルの違いを見てみると
なんとなく分かってきます。


まず自己啓発は「未来に目標をしっかり立てて、そこに進もう!」という
立場をとっていることが多いです。

(もちろんすべてがそうだというわけではありません。)

逆にスピリチュアルは、
「未来ではなく、今ここに生きよう」という立場を
とっていることが多いです。

自己啓発は”今より未来(ゴール)を重視して進む”印象があるのに対して、
スピリチュアルは”未来(ゴール)より今を重視する”印象がある。


こうした
違うことを言っているようにみえること
は沢山ありますが、
ポイントは言葉に囚われないことです。

言葉の裏にある本質は一緒なので、自分になりに感じてみることです。

(まぁ、こんなように”本質は一緒だよ”という考え自体は、
スピリチュアル的なのですが)


ここでは私の考え方を書くと、
自己啓発寄りに「行動しよう」と強く思うと、
今度はストイックになりすぎて自己犠牲的になってしまう人がいて、
これでは長続きしません。

なので良い意味でスピリチュアルも取り入れて、
波動(雰囲気)は理想の状態で居てください。

理想状態の雰囲気が分からないなら、とにかく気分良く過ごす。


かといって、
「今ここ」の感覚を勘違いして「このままでいいやぁ」となってしまうと、
何も進まない。

かといって、
目標を立てると目標に囚われて動けなくなる!

どうすればこのループから抜け出せるのか。


目標よりもまず
自分にとってのカッコイイ生き方を考えてみるのが
いいのではないかな、と思います。



・どんな考え方がカッコイイのか

・どんな行動がカッコイイのか

・どんな働き方がカッコイイのか

自分にとっての「良さ」を明確にして、
その基準でとりあえず動いてみる。


すると、目標を無理に決めなくても、後から決まってきます。

「あぁ、自分の目標ってこれだったんだな」と
妙にしっくりくるときがやってくるのです。


それまではゴールに期待せず、
かといってゴールを諦めず、

「いつかゴールに着くであろうこと」

を信じて、カッコイイ生き方をしてみてはいかがでしょう。


ブログランキングに参加しています。

応援してくださる場合、
よろしければ1日1回押していただけると嬉しいです。

いつもありがとうございます。




ちょっと固めな話や裏話はこちらで。

裏メールマガジン